【1890万件】新宿安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

【1890万件】新宿区引越し業者口コミ【比較ランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?


元新宿の引越し業者で6年勤務していた当サイト管理人です。

引越しは、誰一人同じ荷物の量・距離の人がいないので、どこが安いかランキングにできませんが、

元引越し業界人としおススメの安い引越し業者は、
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
が評判です。

安い料金にする注意としては、1社だけに依頼すると料金が高くなるので、何社かに見積もりをとることです。ライバルがいるので最初から安い料金を提示してくれます。

とはいえ1件1件電話をかけるのは非常に面倒ですが、一括見積もりサイトを使えば30秒でサカイを含めて大手複数社へ依頼がかかり大変ラクです。もちろん料金が高いなと感じれば、依頼する必要はないので、料金だけでも確かめないともったいないですよ!
 
 

【2390万件!】新宿の口コミランキング

引越し侍という一括見積もりサイトでは、引越しを実施した人に口コミを聞いています。その数、2390万件!
以下がその結果です。

↓画像をクリックすると詳しい内容が書かれたページが表示されます  
image_10.png
アーク引越センター、サカイ引越センター、アート引越センターがどの項目でもトップランクをみたしています。

共通しているのは、訪問見積もりの営業や現場の引越し員の態度がいい、さらに、引っ越し価格が安価。

仮にアンケート母数がちょっとなら「偏ってるんじゃないの?」とランキング順位を信頼できない部分があります。けれど2千万人が答えたアンケート詳細なら、信頼して良いですね。

正直なところ、私は転勤の度にアート引越しセンターに見積もりをとりますが言うことなしです。

IMG_1618111.jpg

 

アーク引越センター、サカイ引越センター、アート引越センター含めた一括見積もりサイト

新宿区の引越しで安い日はいつなの?


業界における常識として新宿区の引越し会社自体が暇だと価格が高くない傾向です。

isogashii.jpg


「仕事がない」、と従業員に何一つさせずずっと待たせるわけにはいかないので、多少安くたって「なんとか働かさせたい」「仕事を取りたい」と思うからです。

だから引越し業者が暇な日時を狙えば、私たちはとっても安い見積もり料金が期待できます

新宿区の引越しは何曜日が安いの?


carender.jpg

土日祝日は引越し依頼が殺到するので価格が高くなっています。その中でも土曜日が圧倒的に高くなっています。土曜日に引越しをすると、日曜日にダンボールを片付けたり、室内の配置換えや模様替えに時間をかけれます。

一方で平日は土日祝日に比べ仕事の量が半分もありません。つまりとても低い価格が望めます。

新宿区の引越しで何月が安いの?


サラリーマンの転勤や新入生、就職など引越をする人がとても増える2月-4月は価格が2.5倍近くなります。

次に9月-10月が転勤が多い時期になり多少料金相場が高騰します他の月は料金相場にあまりバラつきはないです
 

新宿区の引越しは月初・月中・月末でどれが安いの?


03733.jpg

家を借りている方は月末まで契約を続けている人が多いです。

切りの良い月末で引越しをして、月初1日から新居で生活をはじめよう、という方が非常に多くいます。

すなわち引越し業者は月末に仕事の依頼が殺到し、月初と月中は暇になります。安い価格を望むなら、出来れば月末以外で引越し作業をお願いしたいですね

六曜日も気をつけて!

大安/友引/仏滅/赤口/先勝/先負という名称の六曜も引越しの日にちで忙しい日・忙しくない日があります。大安をゲンが良く人気で引越し業者はものすごく忙しくなります。反対にあまり縁起が良くないといわれる仏滅は、引越し業者が暇になる時期です。安い料金の見積もりなら仏滅がオススメです!

【新宿区の引越しで最安値を期待できる日取りまとめ】

 
  • 平日
  • 2.3.4.9.10月以外
  • 月初か月中
  • 仏滅
に依頼するです♪

新宿区の引越しで一括見積もりサイトを使うと、なぜ料金が安くなるの?

サカイ引越センターやアート引越センター、日通の引越し、クロネコヤマト、アーク引越センター、ハート引越しセンター、アリさんマークの引越社含めた200社以上の中から一番安い料金提示の会社を選べる、無料一括見積もりサイトが今人気です。 各業者としては最初からライバルがいるので料金を安くせざるおえません。 結果、あなたの引越し料金がとても安くなります。 新宿区の引越し料金で安い見積もり価格をもらうのにおすすめの方法です。 もちろん希望通りの価格ではない場合、キャンセル料もかかりません。 「料金だけ確かめる」、という方にも便利なサービスです!  
1部上場会社エイチーム運営の一括見積もりサイト
 

新宿区の引越し手続き場所

新宿区での電話番号やインターネット回線変更手続き

新宿区に住んでいる多くの方がNTTでしょう。新居へうつる前に、手続きを済ませしましょう。
NTT東日本 電話番号 : 0120-116-000

新宿区での東京電力への手続き

引っ越し前に手続きを済ませます。カスタマーセンターの電話対応が非常にいいです。スグに電話しましょう。
東京電力 電話番号 : 0120-995-005
           :  03-6375-9786 (有料)

新宿区のガス会社への手続き~新居と旧居、両方あるので忘れずに~

現在のお住まいのガス供給会社へ供給をやめる日にちを伝え手続きします。次に、引っ越し先で供給しているガス会社へ連絡し手続きを完了します。 どこのガス会社がわからない場合は、物件のオーナーや管理会社へ確認するとスグわかります。
東京ガス : 0570-002-230(ナビダイヤル)

新宿区水道局への手続き

引越し予定の日にちを、伝えましょう!
新宿区水道局の電話番号 : 03-5326-1100

転入・転居届を新宿市へ提出する場合

どの区役所で対応する必要があるかは、新宿区役所にて教えてくれます。 転出届の提出は、転居後、14日以内に必ず届け出る必要があります。忘れがちなので注意をしてください。
*国民健康保険や印鑑証明書、国民年金の手続き忘れないよう注意。お子様がいる場合、児童手当・母子手帳の変更や手続きも有ります。
新宿区役所 総合電話番号 : 03-3209-9999

自動車運転免許証の変更手続き

  1. 自動車運転免許試験場
  2. 優良自動車運転者免許更新センター
  3. 近くの自動車の住所変更対応の警察署
で対応可能。 詳しくは、 新宿区の運転免許センターまたは各警察署で詳細確認をお願いします。
 
運転免許センター住所 :東京都新宿区西新宿2-8-1 都庁第二庁舎2階(電話番号:03-3343-2558)

車庫証明の手続きも忘れがちです。ご注意を。

新宿区の引越し費用相場は?

新居までの距離 荷物の総量(一般的) 荷物の総量(多め)
20キロ以内 49,000円 57,000円
50キロ以内 56,000円 60,000円
100キロ以内 74,000円 82,000円
200キロ以内 78,000円 82,000円
300㎞キロ 97,000円 110,000円
新宿区の家族引越しの場合の相場
移動距離 2人の場合 4人の場合
20キロ以内 60,000円 80,000円
50キロ以内 70,000円 95,000円
100キロ以内 90,000円 101,000円
200キロ以内 105,000円 125,000円
30キロ以内 148,000円 212,000円

新宿区の引越し業者の住所・電話番号一覧

会社名 住所 電話番号
ハトのマークの引越センター_江戸川中央センター 葛飾区新宿3-9-19 03-3608-8019

新宿区で住みやすい地域は?

1476-520x390.jpg
新宿区内で住むのであれば神楽坂がおすすめです。新宿区というと賑やかで少し雑多なイメージがあります。しかし神楽坂はとても静かです。神楽坂はメインの坂周辺とその裏手には食事をする場所がたくさんあります。チェーン店のファーストフードから、料亭に至るまで幅広くお店を選ぶことができます。また、ドラッグストアやスーパーも数店ありますので生活用品の購入にも便利です。メインの坂から1本入ると、意外とマンションが多くあります。どこもきれいめなマンションが多く、閑静な雰囲気で治安は良いです。路線は神楽坂駅ですと、東西線が利用できますし、場所によっては飯田橋駅まで徒歩で行けますのでJR、有楽町線や東西線、南北線など様々な路線の使用が可能です。
1部上場会社エイチーム運営の一括見積もりサイト
 

元引越し屋が答える、新宿区で安い引越しを実現するためのQ&Aコーナー

単身での引越し料金が安いのは?
a0001_015951.jpg
単身引っ越しだとさほど荷物が多くないという事が多く、通常価格よりも単身者用コースや、かなり暇な会社に頼む方が料金を抑えて利用可能となります。一つ気を付けたいのは、料金は会社ごとに異なりますので、最安値を探したい方ですと、見積もりを出してもらい比較する必要があります。

ネット上の一括での料金見積もりを利用すると、一発で複数の業者に見積もりの依頼が可能なのでお勧めですね。ちなみですが、パックは選択できる大きさや分量が予め決められています。その制限の中で抑えられるかどうかが重要ですね。単身用の冷蔵庫や、段ボール箱おおよそ10個までは大丈夫なことが多いです。高さも制限されるため、ものによっては別途料金を取られる事もあり得ますから気を付けてください。
ワンルーム引越しが安い時間帯は?
wanroom.jpg
フリーでの平日が基本は安いです(午後で時間指定なしや、朝一番の引越しは金額が2倍になることもあります)。その理由はと言うと、多くの人は休みの土日に引越しを希望する方が多いからなのですね。

平日でしかも時間指定もしないフリー便利用なら、引っ越し作業が無い時間帯に手の空いたトラックで運搬する方法があります。しかし、業者側に都合が良いこのシステムは、希望の時間で移動したい顧客側からすると多少なりとも不都合ですし、ただ業者の都合に合わせているだけということになり、フリー便の注文が通りません。そこで、フリー便の場合は顧客にとって少しでもメリットが出来るように、安く設定しているというシステムなのです。

ちなみに料金は、運ばれる荷物の量にも左右されます。ワンルームなら荷物も大してないでしょうし、トラックも小さく少なくて済ますことができます。つまり、作業員も最低人数で人件費も低めで抑えられますし、しかも空いた時間に受注できるならば、少々安価で引き受けてもいいか、という考えですね。
学生の引越しで安い業者は?
gakusei.jpg
学生なら、ワンルームの引越し多いと思いますので、大手以外の業者、若しくは大手でも暇なところをお勧めします。

けれども、学生だとPCや資料で段ボールにつめてもそれなりに多かったり、親に買ってもらった家具家電があったりするので、万が一の事故の際にトラブルになりづらい大手のほうがきちんと対応してくれるので安心でしょう。

いずれにしても、第一に複数社に訪問してもらい見積もりを出してもらって、比べることが1番です。社会人のように仕事がないので、日時設定は柔軟に対応可能なことが多いでしょうから、なるべく多くの候補を出しておきましょう。営業の方から「こっちの日なら値下げできますよ」という交渉があることもありますし、交渉に自信があるなら自分で交渉をしてもいいかもしれません。
引越しは午前と午後のどちらが安い?
tokei.jpg
引越しするなら午前・午後では遅い時間の方が低価格になります。なぜなら、朝一の引越しは、その1日で業者が最初に作業をするので、約束した訪問時間を守らねばならないこともあり、ある程度は終了時間が見込めるのでその後の細々とした時間を確保でき、依頼側に利点があるため高めの値段になっています。

一方午後便の引越しだと、業者が請け負っている業務が終わり次第着手するので、
確実な開始時間がわからないのでその分引越し料金を抑えて均衡をとります。ざっくりとした時間は教えてくれるので、不測のハプニングでも生じない限り、遅くなる事はそこまで多くありません。時間が確定ではないのでやきもきすることはありますが、近場だったり荷物が多くなければ便利ですのでうまく利用しましょう。
引越し費用が安い時期は?
引越料金が抑えられる時期は閑散期とも呼ばれる5月のGW明けから6,7月と1月頃です。

新生活も落ち着き、異動に伴う引越しが少ない時期でもあります。中でも特に6月や1月は天候に左右されやすい季節なので、避けようとする人が増えます。8月あたりもかなり暑いので大きな移動はやめておこう、という人が増えますね。

閑散期に引っ越すとなると、繁忙期に比べて数万円も安くなる事もあります。
また、引っ越し費用を抑えるには、閑散期に当たる平日を狙うことでしょう。閑散期とはいえ、土日なら利用する人はいます。もう1点言うと、現代でも仏滅は嫌われがちなので、仏滅でかつ平日で閑散期なら予約が少ない傾向にありますから、比較的安く引越しの依頼が出来るでしょう。
引越し業者の段ボールの販売は安い?
IMG_17171.jpg
引越し業者が行う段ボール箱の販売は、他で入手するよりだいぶ安いです。

会社により段ボールをリサイクルすることもあり、多少傷などはあるものの、だいぶ安価で利用する事が出来るのは嬉しいですよね。

また、プランによっては、色々な梱包材が最初からパックに含まれているケースもあります。この場合、最低でも30枚ほどが多く、不足した時は自分でまかなうことにはなりますが、業者もちゃんと荷物の分量や家族人数を考えて支給する梱包材の数を決定するので、明らかに足りないということはありません。

業者を決める際にはこういうオプション的なところも考慮して、いかに支出を減らせるかを重視していきましょう。
仏滅の引越しは安い?
2016-08-09_110023.png
結論から言って、引越料金を安くするのなら、仏滅の日を選ぶのが良いですね。
日本では未だに縁起を担ぐという人が大半で、仏滅というイメージの良くない日は引っ越そうとする人も少なく、業者では閑古鳥が鳴く状態です。縁起を気にして日を選ぶタイプの方でなければ、その日を利用しない手はありません。

通常の代金よりも、なんと最大2万円ほど割引価格で契約できるので、結構な得な感じが実感できます。

そしてオフシーズンだったら更に割引が期待できます。結婚式や結納などは、割とみんながラッキーな時期を模索したいものですが、転勤などでただ引っ越すというだけなら、安い日を重視して決定してもオーケーでしょう。

最近も大抵のカレンダーには大安や仏滅などが載っているので、これを参考にすれば一目で安くなる日を見つけることができます。

新宿で1月から12月までの引越し料金が高いか、安いか紹介

新宿で1月の引越しは安い?
1gatu.jpg
1月におこなう引越しは、安くつくことがほとんどです。一年でいちばん忙しくなるのが、3月です。もうひとつ、転勤の時期である9月もどちらかというとあわただしい時期です。繁忙期になると、引越し依頼が増えるので、相場が上がることが少なくありません。1月には正月があるので、忙しい作業を避けたい人も多いので、依頼の数は多くなく、業者にとっては暇です。それで、予約しやすく、費用も安くつく傾向がみられます。新年度の直前には新入社員や新しく大学生になる人が新天地に引越しをする時期なので、予約をするのが大変な上、料金も割高になります。ですから、2月に引越し予定をずらす人が多く、2月もそこそこ予約が入ります。ただし、あわてて引越ししても、新居の部屋代がそのぶん多くかかってしまい、結局余計にお金がかかることもあるのでよく考えましょう。
新宿で2月の引越しは安い?
2月の引越しが安くなるのは、前半のうちです。そのワケは、月の半ばになると、引越しのシーズンになるからです。最も需要の高い3月と比較すれば相場は低いですが、2月の前半と後半では料金体が変化します。めいっぱい費用をおさえるには、前半の平日がお勧めです。どうしてかというと、引越しの需要が多くないので、どの業者も顧客獲得に全力を挙げるため、こちらに都合のよい料金を提案してくれるからです。とりあえずは、一括見積もりサービスの利用が便利です。いくつもの業者の料金を同時に見積もれるので。比較して検討しやすい利点があります。お願いしたい業者が見つかったら、見積もりのための訪問を連絡をします。この際、いくつかの業者に依頼しても構いません。訪問見積もりを依頼すれば、料金の交渉がやりやすく、営業マンは、他の業者より低い相場を提案してくれます。
新宿で3月の引越しは安い?
3月の引越し費用は、高いです。国外では9月が新しい年度の開始となる国も多いのですが、私たちの国では4月を境として新しい学期が始まるために、地元から離れて大学などの高等教育機関へ通学するために一人での生活を始める人も多くいるシーズンです。加えて、学校を卒業して新社会人が入社したりというシーズンなので、3月中旬から下旬は一年を通して特に引越しが多い時期になります。そのようなわけで、引越し費用は上がってしまう傾向にあります。とはいえ、月初めならいくらか予算的に割りに合った設定がされていることもあります。スケジュールを合わせられるなら、ピークになる半ば以降を避けるというのも引越しを安く抑える手段です。
新宿で4月の引越しは安い?
4gatu.jpg
4月に引越しすると3月に比べれば確かに安いと言えますが、長い目で見ると決して安くはありません。この時期は1日でも引越しがズレると費用も大きく変わるシーズンです。上旬のうちは特に新生活のための準備の真っ只中にある人も多いため、まだ繁忙期が続いています。そのため、通常の時期よりも金額が2倍程度まで跳ね上がる時期です。一方チャンスがあるのは4月半ば以降です。ここまでくると大抵の人は新しい生活をスタートさせているので、業者は時間があまり気味になります。後半になってゴールデンウィークが始まるとまた費用が増えてしまうので、引越し料金を節約するのなら中旬が良いでしょう。そのために、引越し業者の予約状況や金額表なども常に見ておきましょう。
新宿で5月の引越しは安い?
5月に引越す場合の金額は安いと言えます。その理由はこういうわけです。前提として、引越しのシーズンは、新生活が始まる主に3月から4月に集まりがちです。それで、3月、4月といった時期がハイシーズンを向かえるので、その時期を外せばワリと料金は安めです。ピークから外れた5月の引越し費用も安くなりますが、ここで注意しなければいけないのが、ゴールデンウィークを含む連休です。大型連休は、時間がとれるので引越しを計画する人が多く引越し料金が高くなる傾向にあるので、連休の時期を外すことで費用を節約できます。加えて、引越し会社によっては提携しているクレジットカード会社があって、ポイント還元してくれることもあるので、その制度を活用することでさらにお得な引越しが可能です。
新宿で6月の引越しは安い?
6月の引越しは安いです。その理由は、年末の引越シーズンが過ぎているので、利用者がほとんどいないからです。さらに、6月は国民の祝日がなく、休みの日数が必然的に少なくなります。それも相場が低い理由です。以上のような理由があるため、休みを取れる人なら、安い金額で、混雑していないため素早く引越し出来る点で、6月に引越し業者を利用することはメリットが大きいです。くわえて、引越し会社だけでなく、不動産会社も、あまり需要が発生しないシーズンなので、似たように安い相場になる傾向があります。そのため、それらの諸費用をトータルで考えると、6月中はかなり割安になり、お金をセーブしたい人にとってはメリットが多い月だといえます。
新宿で7月の引越しは安い?
7gatu.jpg
7月に引越す場合は1年を通してみると確かに安いでしょう。とはえい、注意したいのは、7月ぜんぶが割安というわけではないことです。7月の料金相場は安めの時期と高めの時期に割れているので、7月に引越しをした場合は注意してください。相場の分かれ目は「梅雨明けのタイミング」です。梅雨真っ只中の月の中頃までは、天候が不安定で、また、世間一般は夏休みが始まる前なので、ここを狙って引越しをする方は少ないため、お値段は平均的なものです。ですが、梅雨が明けて、加えて夏休みが始まった後の料金は、この時期に引越しをする方の数が増えるので値上がりします。実際に引越し費用をセーブしたいならできるだけ中旬までにスケジュールを組みましょう。
新宿で8月の引越しは安い?
8月の引越し相場はかなり高いので、時期をずらして予定を組んだほうが良いでしょう。8月の間は学生の夏休みなど、まとまった休みをとりやすいので、この長期休暇の間に多くの方が引越しを計画して、引越しピークになるのです。そういう事情で、8月を挟んだ7月や9月であれば、費用を抑えやすいでしょう。ただ、7月は気温が高いので、暑さの盛りを過ぎてから活動開始するということで、9月に引越すのもありだと思います。もちろん、9月にするといっても30日あるので、どの日でも良いわけではありません。具体的には、平日は引越しをする人があまりいませんし、仏滅の日に引越しをしたがらない人もいますから、こういう日を狙って引越そうとするのも選び方の一つでしょう。
新宿で9月の引越しは安い?
意外かもしれませんが、9月は引越しする人が多く、特に忙しい8月の料金と比べても、そう金額の大幅な低下は望めません。全体的に高いと思って間違いありません。特にこの時期に多いのは転勤するための引っ越しです。多くの企業が年度末を迎え、翌期にそなえての配置換えの影響で引っ越しする人が増えるのです。さらに最近ではシルバーウィークができ、その大型連休に引越しのスケジュールを立てる人も多いので、中盤以降はさらに値上がりします。多少でもお得な業者を見つけるために一括見積もりサイトを使ったり、利用できるなら平日の夜間便などのお得なプランを活用するようにしましょう。8月さえ避ければ値段が下がるだろうと考えて、9月になってから業者を予約しようとするのは失敗する危険があるので、前倒しで計画を立てましょう。
新宿で10月の引越しは安い?
10gatu.jpg
10月に転居すると料金が安くなります。なんでかというと10月は引越し会社がだいたい時間を持て余しているからです。業者にとって一番余裕がないのは春先の3月、4月です。3月とか4月などは進学・就職のシーズンですから、それと共に引越しの需要が増えて引越し業者もせわしなくなります。また年末のシーズンも引越し会社が忙しくなるので、料金相場が高くなります。ハイシーズンにスケジュールを組んでも、予約も取りにくいことも多く、予定通りに予約が取れないこともしばしばです。業者の方々がハイシーズンに引越そうと思うと、料金が高くなるだけでなく、実際の作業スタッフもアルバイトでまかなうことが多くなるので、作業の能率も落ち込むことが多いです。ハイシーズン以外の引越しであれば、相場が安くなるだけでなく、サービスの品質も高めなので、余裕がある場合は、繁盛期以外に業者の人たちにお願いしてみましょう。
新宿で11月の引越しは安い?
11月に引越す場合の料金は、他の月に比べて疑いなくお得です。10月よりもとても安いです。たった1ヶ月で金額に少なくない料金差が出てくるため、ちょっとでもお得な時期に首尾よくお引っ越ししましょう。11月は引越しする人が一年を通じて少なく、どの引越し業者も決まってヒマです。当然不動産取引をする会社も時間があまり気味です。件数が少ないため、若干でも件数を稼ぐためには、値下げするしかないですよね。それによって相場が下がるのです。引越しというものは予告なく決定することがあるので、自分の予定に沿って都合よくスケジュールをそんなに決定できるものではないので、やむを得ず混雑期に引越しするはめになることもよくありますが、もし長い目での予定を立てられるならぜひとも候補にしたい月です。
新宿で12月の引越しは安い?
12gatu.jpg
12月に入ってからの引越しは、ちょうど業者にとって閑散期になるため費用が安くつきます。この時期は予定から外れた突然のパターンでなければ引越しを計画する人が少ないためです。ですが、中盤以降は冬期休暇に合わせた駆け込みニーズもそれなりに発生するため、春先と変わらないハイシーズンになると思っておきましょう。目指すところは中旬までの土日祝日以外です。やむをえず中盤までの予定が組めない場合でも、やはり基本は平日で、作業開始時刻も時間は業者に任せるフリープランなどで申込みをして、多少でも出費を安くするよう工夫してください。それと、荷物の箱詰めは自分でやったり、梱包に使うものもスーパーなどからもらうことで費用の節約ができます。基本になりますが相見積もりすることも忘れないようにしましょう。

関連ページ