【1890万件】新宿安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

新宿で小学校の転校手続きについて

2.png引越しが決定した際、お子さんがいるなら転校へ向けて手続きが必要ですよね。

この手続きというのが、いろいろ走り回らなければならないですし、必要な書類も多く戸惑うことも多いと思います。
急きょ決定した転居だったりすると、新しい新居の住所が決まっていないケースもあるかと思いますが、ポイントをおさておけば円滑に手続きを進行することができるんです。

このページでは、子どもを実際に転校させた事のある私が、順を追いながら手続きの重要ポイントをご紹介します。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.わけあって、引っ越し先の住まいがまだ決まっていません。小学校の手続きは進めることが可能でしょうか。

A.転校・転居は仕方なくする場合もあるので、特別に許可されることがあります。例は、DVやつきまとい等の被害で住まいを変えたいが、まだ確定した住所は決められない場合。特例が認可されています。悩まずに相談してみましょう。
そして特認校という小規模校があります。離れた住居からでも通学できる運営体制になっています。

Q.転校の手続きは学校や市役所、教育委員会に本人も連れていくほうがいいのでしょうか。

A.転校前の学校は保護者だけで連絡し、必要書類の記入等しましょう。いつ頃、転校を児童たちに明かすかなど、先生と話し合いが必要ですので、逆に子供がいると相談しづらいこともあります。
新しい学校は逆に先生とお子さん、互いにどんな人か見ておくべきでしょうし、一緒の方がいいでしょう。ただ、何か相談事があれば先生にお伺いし、事前にあいましょう。

新宿の教育委員会
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-4-1
電話:03-3209-9999(コールセンター)
 

Q.公立の小学校から私立へは転校できますか?

A.可能ですが、基本は私立の方がカリキュラムが早く進む事が多くなります。転校してからきちんと学習のフォローは必要です。


急な場合はやむを得ないですが、特に区外等への転校の場合、転校の手続きには数日必要になることでしょう。そして共働きの家庭の場合、小学校・役所での書類のやり取りなど休みにしかできないので、一度にすべて終えられないなんていうこともあり、なかなか進まない事があるようです。

新居に住む1週間前までに転出届を出し、転居後は14日以内に転入届、そしてその時に学校の手続きも済ませないといけません。

必要な用品を買い揃えたり、時間がどれだけあろうと足りないくらいになりそうですので、できることなら小学校の夏や冬の長期休みにするのが一番だと思われます。

夏・春・冬の長期休暇中にゆとりを持って手続きを済ませながらお子さんの状態をよくチェックし、ケアをしていくことが大事かと思います。
kobetete.png